MENU

職業について 選んだ学校で扉を拓く職業について選んだ学校で扉を拓く

公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか|この分野の
他の職種を見る公務員・ビジネス・秘書・医療事務分野 〈国家公務員〉〈地方公務員〉〈弁護士〉〈税理士〉ほか

なりたい職業をクリックしてください。各職種の仕事の内容やその職種になるためにはどうすればよいかがわかります。

労働基準監督官

職業を探すTOPに戻る

労働者の劣悪条件を見逃さない

どんな仕事?

別名“労働Gメン”と呼ばれる国家公務員。厚生労働省、全国の労働局、労働基準監督局に勤務。事務所や工場などに立ち入り、労働者の労働条件を監督する。法令違反に是正を勧告したり、危険な機械等は使用停止を命じたり、悪質な場合は事業主を送検する。サービス残業、派遣切り、過労死、名ばかり管理職なども取り締まる。

この職種になるには

労働基準監督官採用試験に合格する。専門試験に労働法などが出される法文系A試験と、工学基礎などが出される理工系B試験とがあり、試験対策は必須。合格率はA1.7%、B3.0%(2012年度)と難関。受験対策のある大学で、試験科目の分野を勉強するのがよい。

高校卒業後の進路は…
大学進学
短大進学
専門学校
全県教育フォーラム2018

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.