MENU

兵庫県の高校入試について知る兵庫県の高校入試について知る

兵庫県の高校入試について

兵庫県の高校入試について知る

公立高校の合否の決定方法

一覧に戻る

兵庫県公立高校一般入試合否判定の仕組み

一般入試の合否は、各高校で校長と校長が任命する委員数名で組織された「合否判定委員会」が評定します。中学校の担任が作る調査書の学習評定平均記録(内申点)と学力検査点とを250 点ずつ、500 点満点で評価します。特別判定※を行う高校もあります。

※特別判定とは
内申書の特別活動、部活動などで特に優れた者に対し、ボーダ―ラインにあたる点数から10%引いた点数を合格の下限として特別に判定します。(例:ボーダ―が300点なら270点以上であれば合格の可能性があります。)

※合否判定方法は各高校によって異なります。

調査書学習評定(内申点)250点+学力検査250点の内訳
調査書学習評定250点+学力検査250点の内訳
全県教育フォーラム2018

中学校や塾の先生方へ

兵庫県進路選択支援機構は、適切な生徒の進路選択を支援する各種事業を展開しています

進路選択支援の各種事業を見る
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) shinrosentaku-sien., Ltd. All rights reserved.